2007年08月14日

不逞者:万年東一とい人物



サーバーの容量や時間的な制約から、暫くお休みすることをお知らせします。 節目のエントリーとして何を取り扱うか多少は考えた結果一冊の書籍を紹介します。この本は Amazonで1円〜・・・



不逞者



万年東一(まんねんとういち)という実在の人物とその関係者、時代背景などアウトローな視点?から読み取ることができる一冊。



彼が「何をしたか」という表面的な事柄はエピソードとして読み飛ばすほうが良いかもしれない、少なくとも法的には褒められた事をしている訳ではないので手放しで賞賛することはできない。



何しろ「愚連隊の神様」と言われる存在である。



しかし、彼の「生き様」は凄まじいものが感じられる。



「漢」と書いた「おとこ」が生きていた・・・そんなことを感じさせる。



我々ビジネスマンが日常の仕事を遂行する過程において、



"How to do"「どうするか」(やり方)がテーマになることが多い、



しかしこの本を読むと"How to be"「どう在るか」(在り方)をストレートに問いかけてくる。



何もかも変化した今、全てが通用するとは言い切れないが、



もしかしたら今を生きるために最も大切な「何か」を読者は手にするかもしれない。



偉大なる経営者とか成功者などを 取り上げた本ではない。



自分の価値観を徹底して貫き通した彼の「価値観」「人生観」は何か?



それが読む人の「価値観」「人生観」に直接影響を与えるかもしれない・・・



お薦めの一冊。



 



その他関連書籍



万年東一 上




 



 




posted by kuu at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。