2007年05月21日

さぁ・・どっちかな?



何かをしたい人は手段を探し、したくない人は言い訳を探す・・・



仕事はもちろん、遊びでも、人間関係でも通用する格言です。



難しいのは



「した方が良い時」「しないほうが良い時」があるからでしょうか?

posted by kuu at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

可能性?



  • 雑草とは、その美点がまだ発見されていない植物である (エマーソン)



  • 凡人とは、その能力がまだ発揮されていない偉人である (kuu)



全ての人は常に可能性に満ち溢れているはずだ、過去にどのような経験をしたか、あるいは現在どのような状態なのかより、今後の可能性に価値がある。



 



「今、此処」に可能が在る。



 



ただ、この重要で且つ間違いない事実を本人が自覚しなければ無いに等しい・・・



周りがどれほど協力しようとも、自らが手にしなければならない。



それは自分しか獲得できない状態なのだから・・・・ 

posted by kuu at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

格言の重み?



cat_R.jpg
人間はね、自分が困らない程度の内で、なるべく人に親切がしてみたいものなのだ。(夏目漱石)



格言とは面白い、格言の内容より、誰が言ったかがかなり影響する?



実際、私は夏目漱石が「人間はね・・・」と語ったかどうか知らない、またそれを調べることもしない。 また漱石ではなく、田中角栄でも同様だ。更にいうと、作者不詳でもなんとなく抵抗なく聞こえる。



しかし、 田中一郎 とか 中村太郎・・・とか「誰この人?」となるといきなりGoogleとかWikipediaの世話になる(※この二人は適当書いた名前です、この名前の方にはごめんなさい・・・)



内容もさることながら、その人を知ってるか知らないかでかなり印象が変る。逆に作者不詳になると調べようが無いと諦め、思考の方向は拡散しないで格言内容そのものを洞察する。



注意深く自分の脳ミソの働き方を見てると意外に単純な条件で価値判断しているようだ・・・・



●浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。

─バートランド・ラッセル(英 数学者)



●浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。

―天下の遊び人(英・プータロー)



かなり印象が違うのでは?



さてここで問題です。次の格言?は誰の言葉でしょう?



「俺のこの剣が届く範囲は俺の国だ!」 



正解は

続きを読む
posted by kuu at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

言葉の力



temple_R.jpg
ほめ言葉をもらえれば、それだけで2ヶ月間は幸せに生きられる。

(マーク・トウェイン)



これが真実だとすると、2カ月おきに褒められると1年は幸せになるということやね!!年6回か・・・・ 



しかしグサッと刺さる言葉で傷ついたら多分2年ぐらいは凹むだろうな?



いずれにせよ言葉には力がある。



どうせなら役に立つ使い方をしたいものである。褒めるのは難しいが、感謝することはできる。



どんな時も大切なこの言葉・・・・



「ありがとうごさいます」 



 



以下はつけたしです。 



しかし歯切れ悪いなぁ〜この答弁・・・(時間のある方はどうぞ)



http://www.nicovideo.jp/watch/utrzpCXDoaMhM



http://www.nicovideo.jp/watch?v=utFiHiNiXCkHE   

posted by kuu at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

思いやりとか気配りとか・・・




Pbeespider.jpg



他の人々に幸せになってもらいたければ、思いやりを実行に移すこと。自分が幸せになりたければ、思いやりを実行に移すこと。(ダライ・ラマ)



これがなかなか難しい!!



「小さな親切、大きなお世話」なんていうのもあるけれど・・・・



思いやりの感じや感覚が違うとあるいは親切の感じや感覚が違うとどうもずれてしまう。受け取る側の問題といってしまえばそれまでだが、感じ方が10人十色なのだからしかたがない。



  「最高の思いやり」とか「最高の親切」とか「最高の気配り」とかがあったとしたら、多分それは



自分も相手も気がつかないほど無意識に行われているのだろう。



少なくとも彼/彼女には気づいてもらいたくない。



少なくとも彼/彼女には負担感を与えたくない。



少なくとも彼/彼女には・・・・



微妙な気配さえ残さない、こんな振る舞いかもしれないなぁ・・・・

posted by kuu at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

青年よ、大志を抱け!!



 Boys be ambitious!



有名な言葉である。



誰もが一度ぐらいは聞いたことがあると思う。



今日、私から見れば4人の青年に会っていろんな話を聞かせていただいた。皆それぞれ大志を抱いている人達ですごく気分がよかった。



この格言は大志を抱いている人が青年なんだと読みかえられる。



いつまでも大志を抱き続けよう・・・



ちなみに、全文を知っている人は意外に少ないかもしれない・・

続きを読む
posted by kuu at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

天才の言うことは?



学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ



by アインシュタイン 



格言から自分を振り返ると、一体何が残っているのかが分るかな?



 

たくさん残っているようでもあり、何も残って無い様でもある・・・
Undecided



 

posted by kuu at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

マウリ族



http://echan.thd-web.jp/に触発されて・・・



Turn your face to the sun and the shadows fall behind you.



ちなみにNZではTAMAKIという名前が河とか道路にもついてるらしい。



たとえばこんな感じで・・・Tamaki Maori Village



行ったことがないので誰か教えてください。予想ではTAMAKIは昔酋長だった? 



連休中瞑想しすぎて意識が変性してるかな?早くこの星に戻ってこないと・・・

posted by kuu at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古今東西・老若男女



和風



一犬影に吠ゆれば万犬声に吠ゆ



一鶏鳴けば万鶏歌う



洋風 



人間は犬に似ている。遠くで他の犬が吠えるのを聞いて、自分も吠える。by ヴォルテール



 



あんまり変わってないかもしれないな・・・100年前でも1000年前でも・・・・ 





 



posted by kuu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

啐啄の機

「啐啄の機」という言葉があります。 「啐」は、鶏の卵がかえる直前に雛が嘴で殻をつつく音、「啄」は母鶏が殻をかみ破ること。内側と外側から絶妙のタイミング殻を破り雛がかえり健やかに成長していく。 今日はお手伝いしている会社の設立記念パーティにご招待いただいた。参加者は少ないものの、非常に上質な時間だった。新しいビジネスにチャレンジしていく瞬間に立ち会えるのはいつも楽しいし、ありがたいことでもある。コンサルタントの仕事の最も嬉しい瞬間かもしれない。経営陣のお人柄が見事に表現された2時間だった。 会社の内部環境と外部環境の両方から同時に殻を破った日だ。これから大きく成長する企業になるよう少なからず貢献したい。
posted by kuu at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

最近の若い人は・・・

青年は老人を阿呆だというが、老人も青年を阿呆だと思っている ジョージ・チャップマン

22歳の青年と明け方までおしゃべりをしていた。彼は既に自分の会社をもち仕事をしている。非常にいい男であり、素直な人物だ。彼から見れば私はさすがに老人ではないと思うが、彼の父親と同じような年代ではある・・・・・世代間ギャップはあって当然だが、自分が老人だと思われる頃にははこんな風に言いたい。

青年は老人を利口だというが、老人も青年を利口だと思っている kuu
posted by kuu at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

しりてなみそみてなしりそ

ひらがなだけで書くと意味不明なタイトルかも?漢字で書くと

「知りてな見そ、見てな知りそ」

昔、本か何かに書いてあったと記憶しているが、ググってもでないので間違ってるかも?意味的には絵画など、アートの鑑賞の仕方で、「知ってから見るのではなく、見てから知るほうがよい」ということ?
「何事にも先入観なしで対応しよう」ともいえるかな?・・・・写真は先日のもみじ・・・
posted by kuu at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

自己防衛

自ら進んで求めた孤独や他者からの分離は、人間関係から生ずる苦悩に対してもっとも手近な防衛となるものである。(フロイト)

うぅ〜ん当たってるような違うような・・・かえっていじられやすくなる可能性があるのかも知れないし・・・
posted by kuu at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

失意の中の光

写真はロサンジェルスです。la.JPG

タイトルは意訳です。もとは「A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED」(色んな約し方があるようです?)たまにはこんなのもいいのでは?ちなみにこの詩はニューヨーク州立病院の壁に残されたある患者さんが作者。この点に関しては諸説があるようですが、そんなことはどうでもよく、内容に何か感じるものがあれば十分ですね。

よろしければ、1分間で終わるアンケートにご協力をm(_ _)m btnqnr.png
posted by kuu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

中国4000?

中国4000とくれば普通は「年」

右の「本日のひとこと」追加を押すと自由に登録できる設計になっているので誰かが登録したのだろうが、「中国4000の歴史」というひとことがあった。意味深い!!私もいくつか登録したが、次を押してもなかなかめぐり合えない。多くの人が書き込んで作り上げる格言。中には駄作もあるが、傑作も多い。皆さんの一言が誰かを励ますかもしれない。私はもっぱら笑いを取りに走っているが・・・是非遊んでみてください。
ちなみにこのブログパーツはコチラです。感謝。
posted by kuu at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

思い通り?

三度炊く
 飯さえ硬し軟らかし
  思うままには  
   ならぬ世の中 
魯山人

なんとなくこの句を思い出した。
思い通りにいくとかいかないとか・・・仕事でも、ゴルフでも同じかな?

常に究極の達成を生きたいものである。
posted by kuu at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

貧乏?

わずかしか金のない人が貧乏なのではない。たくさん欲しがる人が貧乏なのだ byセネカ
こんな格言がある。久々に親しい経営者から電話があった。財務状況は厳しいらしい・・中小企業はどこもそうかもしれないが・・・しかし、発展することを願って頑張っている姿は素晴らしいものだ。上の格言はまだ「わずか」ながらおかねがあるようだ。全く無くなるとか、借金だらけになるとこうもいえないかもしれない??たくさん欲しがるのでは無く必要な分だけでよい、企業経営をしてると、必要な金額が大きくなるので、たくさんに見えるのかもしれないなぁ?
もう一つ格言
貧乏には、楽しいことが沢山あるに違いない。でなければ、こんなに沢山の人が貧乏であるわけがないbyドン・ヘロルド

ここまで来るとさすがに嫌味か?やっぱり「衣食足りて礼節を知る」程度はないとやってられない・・

最近、景気がよくなってるような事をきくが、消費者金融業の業績が良いのは何故なんだ?日本はどうもねじれている気がするのは私だけだろうか?
posted by kuu at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

今日の一言


短い言葉で妙に元気になったりすることも多い?タイミング良く言葉が飛び込んでくることを期待して・・あまりに飾り気のないブログなのでlife is beautiful さんから頂いて、貼ってみました。なんかいい感じです。(追加で自分の一言が書き込めます)

そもそも「世界は言葉で成り立っている」と考えている人が多いのだから・・こういうのに興味を持つのかな?だから言葉にならない物事はないと処理している間違いを気をつけないとね。

ところで虹は何色でできているのかな?続きを読む
posted by kuu at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 0600) 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。