2007年08月14日

不逞者:万年東一とい人物



サーバーの容量や時間的な制約から、暫くお休みすることをお知らせします。 節目のエントリーとして何を取り扱うか多少は考えた結果一冊の書籍を紹介します。この本は Amazonで1円〜・・・



不逞者



万年東一(まんねんとういち)という実在の人物とその関係者、時代背景などアウトローな視点?から読み取ることができる一冊。



彼が「何をしたか」という表面的な事柄はエピソードとして読み飛ばすほうが良いかもしれない、少なくとも法的には褒められた事をしている訳ではないので手放しで賞賛することはできない。



何しろ「愚連隊の神様」と言われる存在である。



しかし、彼の「生き様」は凄まじいものが感じられる。



「漢」と書いた「おとこ」が生きていた・・・そんなことを感じさせる。



我々ビジネスマンが日常の仕事を遂行する過程において、



"How to do"「どうするか」(やり方)がテーマになることが多い、



しかしこの本を読むと"How to be"「どう在るか」(在り方)をストレートに問いかけてくる。



何もかも変化した今、全てが通用するとは言い切れないが、



もしかしたら今を生きるために最も大切な「何か」を読者は手にするかもしれない。



偉大なる経営者とか成功者などを 取り上げた本ではない。



自分の価値観を徹底して貫き通した彼の「価値観」「人生観」は何か?



それが読む人の「価値観」「人生観」に直接影響を与えるかもしれない・・・



お薦めの一冊。



 



その他関連書籍



万年東一 上




 



 




posted by kuu at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ビリーズブートキャンプのマーケティング考察



ビリーズブートキャンプ!!かなり巷で噂になっている。大ブレイクしている商品だ。実に見事なプログラムだ「7日間で引き締まったBODYを手に入れるための効果的な運動プログラム」楽して痩せるとか、大げさなマシーンを利用しない、まさに肉体を虐めていくプログラムだ。実際私は既に14日間実施して日課になるほど虜になってしまった。



マーケティングの観点からすると、実際に「痩せる」という会話より、「内容のきつさが語られる」、事実3日目ぐらいまではあまりのハードさに悲鳴を上げると同時に「これを続ければ絶対効果がる」と感じられる点が クチコミに勢いをつけるのだろう!!同時に達成感が手に入るので人に薦めたくなる。



見事に人の心理を突いている。これは上手い。



バズマーケティング(Buzz Marketing:話題の量を最大化するマーケティング手法)の好例だろう。



今まで、通販のトレーニングマシンで友人などから効果があったと聞いたことがあるだろうか?



しかし、ビリーは普通に会話に上る 、つまり



「効果よりも自分の体験がいかに辛いかを語りたくなる」



ところがミソである。おまけに続けると確かに効果はある(というより効果があって当たり前といいたくなるほどキツイ



  とまぁこんな記事もまた、ビリーマジックに侵されている訳ですね。



Basic Training Bootcamp



 

posted by kuu at 23:25| Comment(3) | TrackBack(1) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

決算



昨日、自分の会社の決算。仕事がら、今までたくさんの決算書は見てきた、1年の成果が一つの評価として現れる。決算書の見方や、見たときの印象は様々だが、やはり自分の会社の決算書というのは経営プロセス全てを知っているので、内容の良し悪しはとにかく、「ホッとする」感覚がある。クライアントの決算書を見てもこの感覚は出てこない・・・



通常は、分析的・客観的な見方で、経営課題を発見したり、3期程度の期間における変化の中に何らかの「兆し」を発見したりとかなり考察しなければならないからだ。



経営者がどれほど努力しても思い通りの結果が手に入るとは限らない、また打ち出した施策が直ちに反映するとも限らない、このような時は経費だけが増え、収益を圧迫する、しかし、現状維持ではなく、より効果的・効率的な経営を実現するために世の中の環境と適応するよう変化し続けなければ勝ち残ることはできない。



企業とは生き物である。クライアントが堂々と生き抜き、勝ち残るよう、仕組みを作り上げるのがコンサルタントだと定義している。よい仕事に巡り合えたことに感謝。



 



最も強いものが生き延びるのではなく



最も賢いものが生き延びるわけでもない



唯一生き延びるのは変化するものである



 進化論(C・ダーウィン)

posted by kuu at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

なんでも鑑定書



なんでも鑑定書 



 mixi、gree、Blog対応版とある(このブログにも貼り付けようかと思ったが賑やかになりすぎるのでやめた)



この鑑定書はデイリーな占いとSNSの今日のマイミクとか、今日のgree友達とかを表示してなんとなく関連してるのが面白い。人生を決定するようなヘビーな感じや、おどろおどろしい感じが無く、サッパリ、スッキリしたライトな感覚がなにげに楽しい。



mixi,greeではプロフに貼り付けるだけなので超簡単。



googleのadがチョイトウザイ、無いほうがいいと思うけど、企業としては商売だからなぁ ・・・



まぁαブロガーとかが取り上げればバイラルで拡がるかもね?



「中小企業さん達頑張って!!」とエールを送っておくことにしよう
Wink


posted by kuu at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

良い一日・・・



swan_R.jpg
イベントが開催された。このイベントのために多くの人が協力し無事にイベントが終了した。企画から始まり、会場手配、配布物の準備、進行の取り決めと多岐にわたる内容を一人ひとりが責任を持って取り組んだ結果だ。この会社のスタートの日でもあったので事業の第一歩でもある。大きく成長する予感を充分に感じ取れる内容であった。



4月23日という日付にこだわって実施したので時間的にも少々無理があったかもしれない、しかしこの会社の社長の誕生日だったので、関係者一同が、どうしても最高の誕生日をプレゼントしたかったはずだ(パーティーではサプライズも当然準備してあった)



このような素晴らしい瞬間に立ち会えるのもコンサルタントという仕事の特徴かもしれない。新たな事業がスタートする機会に立ち会えるのは、一般的にそう何度も経験が出来ない。ありがたいことにスピーチをする時間も頂いた、内容が充分だったかどうかはわからない、しかし、参加された皆さんに何か役に立ったと感じてもらえればありがたい。



瞬間瞬間が良い体験として過ごせれば、その日が良い一日になるだろう・・・



毎日が良い一日として体験できたなら、その人の人生は良い人生だといえるだろう・・・



いつでも、どこでも、誰とでも・・・



感謝

posted by kuu at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

進学祝い




H19.jpg



進学祝いにプレゼント・・・



 




購入したいITデジタル家電トップは、高校進学時は携帯電話、大学進学時はパソコン



〜高校進学時の本人購入では、携帯電話の購入意向が50%に達した〜



 



今回のWebアンケート調査では、この春に就職・進学を迎える本人、およびその親のITデジタル家電の購入意向を調査。その結果、就職・進学祝いとして自分自身へプレゼントを購入する予定がある人は46%、一方、子供への就職・進学祝いの購入を予定している親は60%を占めた



株式会社 MM総研より引用】




 



IT関連商品ばかり!!



ちなみに私の頃の定番といえば”万年筆”いまどき万年筆を使う機会はほとんどないし、使ってる人を見ると凄くスマートに見えたりお洒落に見えたりする。中にはキザとしか思えない人もいるが・・・・



進学する若い人たちが携帯やPCで一体何を手に入れようとしているのだろうか?万年筆との共通項目として思考を楽しんでみると”コミュニケーションツール”といえるかな?携帯は当然として、PCがインターネットを通じて結ばれている今日の社会では ブログ、SNSも含め積極的に社会と繋がっていたい、あるいは新しい社会に自己表現し、その存在を示したいのかもしれない・・・まさかワープロを使って手紙を書きたいとか、表計算でお小遣いを管理したいとかを理由では無いだろう。



ほんの10年前はブログとかSNSなどはまだ埋もれていたはずだ?これほどまでに身近になると新しいコミュニケーションスタイルなので進学祝いには当然上位にくるのだろう。



「コミュニケーションツールの共有化」



「コミュニケーションツールの標準化」



この2点は非常に重要な要素だ。



なぜなら「人はいつもコミュニケーションをとりたがっている」・・・ 



 

posted by kuu at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

JR東日本のキヨスクと伝説のアドリブ



キヨスクが閉店している駅が多い・・




東日本キヨスクでは、100品目を超す商品の値段を記憶していて料金の暗算もできるという“職人技”を持つ正社員に販売を担当させてきた。しかし、採算が取れない店舗が増えてきたため、人件費を削減しようと、2004年からレジの導入などを進めるとともに、契約社員やアルバイトへの切り替えを始めた。



首都圏のキヨスク、3分の1が臨時休業…リストラ補充失敗 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用】 




実情は良くは知らない、大量輸送が事業ドメインとしてみればキヨスクは対して役に立たない事業分野かもしれないが、キヨスクの店員さんたちの対応はまさに“職人技”だと感心していたのでなんとなくもったいない気がする。コンビにでも、ファミレスでも機械化、システム化が進み、店員さんとの掛け合い、あるいは”間”が減ってしまって面白くないと感じるのは私だけだろうか?メモもとらずにお客様のオーダーをきっちり覚えて、復唱する店員さん、キヨスクの店員さんも同様で次々とお客様を裁いている。



接客や営業には無言のコミュニケーションというのがあって、優秀な店員さんや営業マンは皆 身に着けていると思う。コンサルタントとして従業員教育などを実施する時、「マニュアルどおりに進めることは基礎であって、現場では、臨機応変に対応しなければならない。」と話している。しかしこの領域はセンスが必要になり、単純に教えればいいというものでもない。キヨスクのカリスマ店員さんは社会にとっても重要な人材だと思う、それをコスト削減の名の下にリストラするのはやっぱりJRはどうかしている・・・・



長くなるので続きを読むに、私が担当した「お役所の教育研修」ではテキストにしている 「伝説のアドリブ」を記載しておきます。

続きを読む
posted by kuu at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

深夜のサービス業?



軽いエントリです・・



SNSでコメントとか足跡とか眺めてると深夜もかなりアクティブ!!私は元来あまり寝ないでも平気なタイプですが、世の中には同種の人がかなりいるようですね?もっと深夜のサービス業が在ってもいいかも?知らないだけかもしれないですが、24時間営業のゴルフショップとか・・・・



さて、そろそろデスノートが始まる!!アニオタの娘と一緒に見ます
Smile


posted by kuu at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

仕事は勢いだ!!




kanran_R.jpg
いやぁ〜またまたエントリーできなかった・・・



今日、一つのプロジェクトが少しだけ一段落した。



一緒にプロジェクトを動かしてるビジネスパートナーとの会話は実に的を得ている。




こんな感じだ






  • 「3つ片付けた瞬間に4つの新しいタスクが発生する、終わるわけねーじゃん!!」

  • 「明日は休みだ、仕事がはかどるぞ!?」



 



流石にPCの稼働時間も長い。腰は痛くなるし、目は血走ってくるし・・・しかし、ある種の達成感と共に訪れる爽快感が疲労を忘れさせてくれる。この勢いは止めたくないし、止らないだろう・・・



多少の緩急はあるものの、もしかしたら独立してからずぅっとこんな調子だったかもしれない。勢いだけでココまで来た可能性もある。要領が悪いのかもしれないし、能力が低いかもしれないが、習慣になった今となってはコレが心地よい。



生涯現役で走り抜けると決めた時がつい先日のようだが、既に20年ほどの時間が経っている。もちろん24時間仕事ではないが、24時間仕事をしてる気にはなる。



よきビジネスパートナーと巡り合えたことに大いに感謝し、「スピード感」と「丁寧さ」を兼ね備えたコンサルタントとして人生の後半を楽しんでいこう!!




posted by kuu at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

猫の手を借りたい!!



kannon.JPG
いくつかのプロジェクトが重なり、ブログのエントリーも久々!多分ココまで空けたのは初めてだろう。



おかげで頭が異常に活性化して、妙な連想が次々に浮かぶ!カナリやばいかもしれない。たとえば、猫の手から、この写真の千手観音 



が浮かび、そこから当然のように、あのニコ・ロビンがイメージに入り込んでくる。もちろんロビンのほうが断然強いとか、意味のない比較をしてしまう!!
Smile
ちなみにニコ・ロビンの手は自分以外の人や地面などにも甦生させることが出来るので使い勝手はいいはずだ。



更に漫画ネタからどういうわけか猫とデスノートがくっつき、「デスニャート」とかひらめき、googleで検索してみると、やっぱりある!!インターネットって凄いですね。一番いけたサイトをここに紹介しておきます。おもしろ画像:デスニャート



んで、このgoogleがキーワードになって、百度がひらめき(最近日本でもサービスはじめてる)早速使ってみると、検索結果はとにかく、検索スピードが恐ろしく早い!!百度(バイドゥ:まだwebと画像のみのβ版)



ダメだ、切りがない、 こんな日常を過ごしながら、10日もエントリーしてないと、頭の中で、アウトプットせずに葬られたブログネタが散乱し、暴走し始める・・・
Innocent



以上、休日にもかかわらず、猫の手も借りたいコンサルタントの10日間でした。

 

posted by kuu at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

デスノートパソコン



dethnote_R.jpg




“地上に落ちてきたデスノートパソコンは全部で30台”

全世界完全限定30台!!

アニメ版『DEATH NOTE』の世界観から誕生した、『DEATH NOTE』オリジナルロゴ入りノートパソコン!

日本のみならずアジア各国まで席巻した「DEATH NOTE」に相応しい逸品がここに完成!!シリアルナンバー入りのプレミアモデル。さらに、リュークの大好物、リンゴをモチーフにしたUSBメモリが付いています。【日テレ通販・ポシュレより引用】




 



ストレートなネーミングは好感が持てる!! 



「名前を書いたらどうなるか」は知らないですが・・・なにげに優越感を持てるPCですね。これを見たらアニオタの娘は泣いて欲しがるだろうな?



数年先にはスペックはとにかく話題としては古い感じになっているので、シリアルナンバー入りなので、購入したまま保管し、10年後ぐらいにプレミアムがつくことを期待して寝かしておくか?何しろ30台なのだから・・・



ちなみにお値段は20万円です。 

posted by kuu at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

TimeTable




timetable.JPG



名前のまんまです・・・



大胆なテーブル?あるいは時計ですね。 



私は腕時計をしない(持ってはいますが)。日常的に困った事は一度もない。とにかく身の回りに時計はあふれかえっているので必要だとは思えない。



しかし、会議中など、時計(壁掛けでも、携帯でも・・・) を見るのは「時間を気にしている」態度なので、場の空気によっては好ましくない時がある。



このテーブルは誰もが時を意識せざるを得ないのでgood!!チョイト気が散るかもしれないし、UZAIかも知れないが・・・・



インテリアとしても洒落てるし、ゲストが来た場合は注目されること間違いない!! といっても畳の部屋じゃ似合わないか?



http://normaldesign.net/normal/en/show.php?product=13#show.30 

posted by kuu at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

見れば必ず欲しくなる?



vv.JPG



日本の道路事情にはこの乗り物が相性がいい。



製品として完成している!



http://www.venturevehicles.com/ 



日本で乗れる日が来るまで、Videoで楽しみましょう。

posted by kuu at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

これは使える!!


scaner.JPG


このスキャナーは役に立ちそうだ。分厚い本をコピーしたり、スキャナーで読み込もうとすると、どうしても背表紙が硬くて上手くできない経験があるのは私だけではないだろう(真ん中に黒い線ができる)。どうやらこのスキャナーはそのあたりを簡単に処理してくれるらしい。写真を見れば一目瞭然で、今までなかったのが不思議なくらいだ。ハイテクばかり追いかけないで身近な不便を物理的にあるいはメカ的に工夫するだけでずいぶんと変化するかもしれない。



私はノートと4色ボールペンでメモを取るのが普通なのでPCを持ち歩くことはまずない。プレゼンの時は仕方なく持ち歩くが・・・・



紙のノートとボールペンだといつでもどこでも文字でも絵でも簡単に書くことができる。勿論読み返すのもすばやい!!会議などでもとにかく筆記し続ける。自分しか読めない文字や、特殊な略号を使うことで速記してる。4色の使い分けは当然!!



身近なアナログ商品を見直すとまだまだ改良の余地があるかもしれない。



ちょっとした不便を解決してくれるだけで、画期的に使いやすくなるものはないだろうか?

posted by kuu at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

このブログを英語にすると




BLOG de KATARI.png



なかなかカッコいい!!内容はとにかく見た目がまったく違う雰囲気に見える。



google analyticsでログを眺めていると翻訳
Google
 Translate



からアクセスされているケースが少なからずあるのでどんな風に翻訳されているのか確認してみた。すごい変な英語だけど感じはつかめるかな?デザイン的には英語のほうがおしゃれな雰囲気があるから許すか・・・



いずれにせよ便利な機能だ!ちなみに使い方はhttp://www.google.co.jp/language_tools?hl=jaで翻訳したいページをURLを指定すればOK超簡単!!



英語は多少なじみがあるけど、下のほうにある”なんちゃってラテン語”って一体何?国旗を眺めるだけ楽しいか?知らない言語で書かれたサイトのURLを入力して日本語に翻訳してお楽しみください。

posted by kuu at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極の入力装置?



cap.jpg
楽に・・



更に楽に・・・・



もっと楽に・・・・・・・・ 



キーボードは入力装置として一定の機能を持っているが、これでもやっぱり抵抗がある、といより面倒だ、特に日本語は「貴社の記者が汽車に乗って帰社した」のように音が同じでも漢字が違うのでブラインドタッチができても一度は確認しなければならない。 



そこで考えた究極の入力装置は・・・・



頭に浮かんだ文章とかイメージを検出して出力する装置!何しろ考えるだけでどんどん文章が出来上がる、おまけにイメージまで出力されるとなればこの装置は究極だろう。 通常はある程度の整理された思考がまとまりとして出力されているので多少の制御はしないと無駄に出力される危険性がある。あまりに膨大で、あまりに早い処理速度で脳は活動しているのだから・・・・・



会議の時に全員がこの装置を利用すれば誰が何を考えているのかが正確にわかる。活発な意見交換になるかあるいは混乱を引き起こすだけになるのかは不明である。



うそ発見機はお蔵入りし、この装置を使えば隠し事は一切できないので全てがバレル!!皆正直にならざるを得ない。



人間の頭は本当によくできている!ちなみに写真の帽子はプロトタイプ。この帽子を被り、PCに向かうだけでどんどんと入力される。すごいでしょう!!!



嗚呼・・また休日モードのエントリーになってしまった。 

posted by kuu at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

Second Life:あなたの世界。あなたの想像力



Second Life



一昨年が、blog、昨年がSNS,今年はこの辺が話題になるかな?



・・・・・・ もう一つ別の人生が楽しめたら――。そんな空想を実現するのが3Dオンラインコミュニティ「Second Life」である。もしかしたらバーチャルな自分の分身が、本物よりもリアルマネーを稼いでくるかもしれない。Second Life は今や単なるオンラインコミュニティにとどまらず、ビジネスプラットフォームの可能性も持ち合わせている・・・・・(http://japan.internet.com/busnews/20061208/4.htmlより抜粋)



もう1人の自分を、別の世界で活躍させるだけならまだしも、ここで得た収入「Lindenドル」を米ドルに換金できる。つまり、これはオンラインゲーム、オンラインコミュニティーを超えて、ビジネスプラットフォームとして機能してるわけだ。すでにミリオネアーも誕生しているらしい、更にはこんな問題もhttp://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20341332,00.htm・・・・・・



リアルなこの世界で叶わなかった人生を、このヴァーチャルな空間でもう1人の自分がチャレンジしてみたいと思うのも不思議ではない。僅かな参加費を支払い、億万長者に!!・・・こんな夢を見る人は意外に多いのでは?



ただし米ドルに換金というのはどうも好かん!おまけに多分これが世界中に広まったら、課税は米国でされることになるだろうし・・・詳しいことはよくわからないが、どうも日本は遅れてる気がするなぁ・・・



ヴァーチャルな世界もリアルな世界と同様、人の欲望が暴走していろんな問題を引き起こすだろう、リアルマネーに換金できるとすればなおさらのことだ ・・・・Second Lifeの揉め事をこちらまで引っ張り出して事件を引き起こすような馬鹿なヤツが出てこないとも限らないし・・・



second lifeで土地ころがしをして、まともに仕事するより儲ける人が増えると結構危ないかな?株式投資で儲けるのと思考のパターンは同類か?



悪いとは思わないが、個人的にはどうもなじめない。リアルな世界でない知恵を搾り出し、身体張って仕事するほうが面白いはずだけどな・・・



これからも旧来のベタな仕事しようっと!!

posted by kuu at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

空想:Googlelive?



携帯端末で簡単にmovieが取れるのだから・・・・



Youtubeなど動画共有サイトは結構面白いが、やっぱりライブ!!



とすると次にくるのはGooglelive でしょう??昨年こんな記事をエントリーしているが、近い将来コンパクトな携帯で目の前の出来事をどんどんアップできるサイトなんかができても不思議ではない・・・



街角で、旅先で、・・・今自分の目の前の映像がLIVEでネット上に公開される。



怪しいのも出てくるかも知れないが・・・店の宣伝なんかもバンバンUPされ、リアルタイムで割引とか・・・



イベントもその場にこれない人もネットで確認できるし・・・



細かいことはともかくビジネスモデルとしてはありそうだな・・・・



既に在ったら、馬鹿みたいなエントリーでした!(空想ですから・・y)





ちなみにgoogleがNHKで取り上げられた記事を別のブログでエントリーしたら、通常の三倍程度のアクセスがあった。やっぱりテレビの影響って大きいな???ミスタイプのgoggle.comはしないように!!



 

posted by kuu at 02:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

昨年の今頃



昨年の今頃どんなことを書いていたのか少し見つめなおしてみた。



こちらは少しプライベートな感じ・・・



http://blog.livedoor.jp/ttl/archives/2006-01.html 



なんだか色々騒がしい1月でした。



こちらは少し仕事っぽい感じ・・・



http://ameblo.jp/ttl2/archive-200601.html 



こんなことして遊んでいたのか・・・




logitech.jpg



写真の日付でまた遊んじゃったのばれるかな?



ブログはやはり記録として面白い、いつまで続くことやら・・・  

posted by kuu at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

不祥事はなぜ起こるのか



2men.jpg
それほど深く考察したわけではないが・・・



結論から言えば「保身」といえる。業務遂行上これはチョイト宜しくないのでは?と感じることは誰にでも起こるだろう。特に大企業では長年引き継がれた悪しき習慣もある。多くの場合(特に事業遂行に致命傷を与えるような出来事を発見した場合)は知らないことにしておくほうが自己保身につながる。今回の不二家、過去の雪印、三菱、大手金融機関・・・枚挙に暇が無い。



もし、自分が当事者になっていたら、皆さんは一定の正義感をもって、ことに対応できるだろうか?



個人であれ、あるいは組織であれ、「不都合な出来事」はできるだけ秘密裏に処理しようとするのではないだろうか?



では何故そこまで隠そうとするのか?根底は日本の文化にあるだろう。事なかれ主義、臭いものには蓋、見ざる・言わざる・聞かざる・・・いくつかの言葉に代表されるように「隠す」文化がある。



正々堂々と「正しさ」を表現するのは「勇気」が必要になるわけだ。



と同時に、「上手いことやれば何とかなる」と世間を欺こうとする狡猾さもある。いずれにせよ、自分(達)さえよければ・・・、あるいはこの場さえ何とかすれば・・・ という短絡的で身勝手な理屈があるように感じる。



特に大企業は社会に与える影響が大きい、今回の不二家のケースでは、一消費者であれば、商品を買わないだけかもしれないが、何も知らされず真面目に勤務していた方や、FC加盟店の方にとっては人生設計そのものが狂ってしまうことすら考えられる。



大多数の人は「不都合を知らされない」、しかし運よく?自分にとって不都合な事を知った時、自己の良心に従って行動をとることを期待したい。



更にひと言追記すれば、マスコミなど報道機関の、「情報を発信する側の不都合」 は最も人目に触れないと危惧される。関係者はぜひとも日頃から襟を正し、業務に取り組んでもらいたいものである。

posted by kuu at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 0200) 仕事・企画・戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。