2010年01月02日

学び方


われより哲学を学ぶべきにあらず、哲学することを学べ。 カント



謹賀新年、今年もよろしくお願いします。いきなり本題に入ります(w)



しばしば、リーダーシップ論や、教育の現場で「魚釣り」の例え話が出てきます。部下、あるいは弟子など「教えられる立場」に対して、教える立場の人は、「魚」を与えるのではなく「魚の釣り方」を教えなさい、そうすれば一匹の魚を与えるより価値があると・・・



「教え方」についてはその他にも色々な書籍があります。また「教え方を教えてる方」もいます。



学び手の代表的な質問は「どうすればいいのですか?」で、教える方は「こうすればいいのです」と答えます。上記の魚釣りも「魚の釣り方」を即座に教える。魚を与えるよりはマシかも知れませんが、即答で釣り方を教えても役には立たないでしょう。



カント風に言えば、



われより釣り方を学ぶべきにあらず、釣りすることを学べ。



もしかしたらこの「教え方」こそが大切な「方法」として必要なのではないでしょうか?私たちは知らぬうちに「安易に答え」をもらったり、与えたりします。もちろん、即答が必要な時や即答する必要のあるテーマもあるでしょう。しかし、私は「重要だと思われるテーマ」こそ自ら学び会得する必要があると考えています。



ところであなたは「学び方」を教えてもらった事はありますか?もしかしたら少ないかも知れません。先輩から仕事の仕方を「盗め」とか出来る人の「真似」をしろとか(「学ぶは真似ぶ」)、「習うは慣れう」だとか・・・「コツ」だとか「技術」などフィジカルなテーマならOKでしょう。しかし「メンタル」「知的作業」等の「内面」における「技術」はいかがでしょう。



「あなたの内面」で起きる事柄に対して「誰か」が教えたり、対応処理することはできません。あなたの内面はあなた自身でしか「作用」させられないのです。そもそもあなたの「学びたい気持ち(学欲)」がなければ「作用の起動」すらしないのです。だからあなた自身が「学びたい」と思わなければ何も学びません、そして、「学ぶ」ことは「答えを得る」とは違います。あえて言えば「学んだを知る」と言えるかも知れません。もともと知ってる事は学びがありません。学ぶ事は「未知」を「既知」にすることです。「事後に学んだと自分自身が確認できる行為全体」を学ぶというのです。予見できる事ではありません。だから「どのような事象からでも学べる」のです。この「学び方」を手にいれれば他に学ぶ必要がありません。「いつでもどこでも何からでも学べます」



だから「こんにゃく問答」が含蓄のある「落語」になるのでしょう・・・






新年のエントリーにしては説教臭いかな?(爆)



ラベル:education growth
posted by kuu at 13:44| Comment(4) | 4.格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

無知の知


有名なのでこの言葉は知ってる人も多いでしょう。細かいことはコチラWikipediaに譲るとして、

  1. 「知っていること」を知っている

  2. 「知らないこと」を知っている

  3. ここまでは「私は知ってる/知らない」と自分で表現できることなので、誰でも了解できる。
  4. 「知っていること」を知らない

  5. 「知らないこと」すら知らない


この2つはまず自覚がないので、誰でも了解できるとは言いがたい。当たり前か?

おまけに「4.知らないことすら知らない」という範囲が圧倒的に大きいというか多いこのが現実でしょう。

で、この記事で何を書きたいかというと、仕事上でも、生きる上でも、我々は「自覚できる範囲」でしか考察できないということです。

知識を積み上げも知識の山ができるだけで最終的には「無知の知」を知ることになるでしょう。

もし、あなたが「仕事で成功したい」「人生を豊かにしたい」と考えているなら、「知ること無しに行動」する事をお勧めします。

「何かを知る」ことが重要なら「知識を増やせばよいでしょう」

「何かを得る」ことが重要なら「行動を増やせばよいでしょう」

いくら考えても、「自覚できる範囲」を超えることはないのですから・・・

知識を知識のまま保有していても何も生み出しはしないのです。一昔前に「創造的破壊」という少々過激な言葉がありました。この言葉だけを知っていてもなにも現実は変わりません。「創造的破壊」という言葉通り「活動した人がいた」から現実にも変化が現れたのでしょう。

過去にそれなり事を成し遂げた人たちは、事業であれ、研究であれ、芸術、スポーツ、文化・・・どのような分野であれ「活動・実行」をした人達です。彼/彼女達はもともと知識があったのではなく、実務的に行動して手に入れてきた知識あるいはそれが昇華され知恵として価値があるのでしょう。 自らの体験によって会得した知識に価値があるのでしょう・・・。だからこそ「知ること無しに行動」する事をお勧めします。

「何かを知る」ことが重要なら「知識を増やせばよいでしょう」

「何かを得る」ことが重要なら「行動を増やせばよいでしょう」

いくら考えても、「自覚できる範囲」を超えることはないのですから・・・

知りてな見そ、見てな知りそ・・

(注)この記事は「おとな」を対象にしています。あまりの無知はやはり危険ですから(笑)
ラベル:education growth life
posted by kuu at 14:11| Comment(2) | 4.格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

今日が最後の日だとしたら・・・


suiteki.JPG



”Dream as if you'll live forever. Live as if you'll die today."

「永遠に生きるがごとく夢を見よ!! 今日死ぬがごとく生きよ!!」



・・・・James Dean



本当に こんな風に生きてる人がいます。



もしかしたらあなたのすぐそばにいるかも知れません?



前半の「夢を見る」のはなんとなくできてても、後半の「生きる」ところはどうかなぁ・・・



過去にも同じ記事を書いてますが、思い出したのでも再UPしておきます。



元気出そうぜ



みんな!!(爆)





「メアリー・オノプチェンコ 〜葛藤〜」



笑うことは 愚かに見られる危険を冒すこと



泣くことは 感傷的に見られる危険を冒すこと



人とふれあうことは かかわりあう危険を冒すこと



気持ちをさらけ出すことは 拒絶される危険を冒すこと



人前で自分の愛を語ることは 嘲笑される危険を冒すこと



愛することは 愛されないという危険を冒すこと



圧倒的な不利を承知で前進することは 失敗の危険を冒すこと



しかし冒険せねばならない なぜなら人生最大の危害は



何の危険も冒さないことにあるからだ



何の冒険もしない人は 何もしない 何もない 何でもない



苦難と悲しみからは逃れるかもしれないが



学ぶことも 感じることも 変わることも



成長することも 愛することもできない



自分の確信に縛られて奴隷になっている



自分の自由を失ってしまったのだ



冒険する人のみが自由なのだ



―保証ではなくチャンスを探せ



―人生はどうあったかではなく、これから何がおこるかである



―人生は旅であって目的地ではない



―欲しい状態を手にするには現状を手放さなければならない



―依存は相互同意による奴隷制だ



―矛盾―安定の欲求を手放せば安定を得る



―人生をそっとしのび足で歩いて、安全に死に到達しようとする人がいる



―先延ばしにする癖は、ほとんどの人が直すのを引きのばす欠点だ



―敵が欲しければ、誰かを変えようとすればいい



―成功とは、もう一度立ち上がることだ



―望むのは、本当に手にする意思のあるものにせよ



―問題から逃れる最善の方法は、それを解決することだ



今日が地球で生きる最後の日であるかのように生きよ



いつの日か そうなる!



この詩は、メアリー・オノプチェンコが時ならぬ死を迎えた夜、−1988年9月9日−彼女の財布から見つかったものです。彼女の兄弟であるアレックスが埋葬の日、彼女に代わってこれを読みました。

ラベル:Aphorism life
posted by kuu at 13:28| Comment(5) | 4.格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

いい夢 見よう・・・


Stunning Wallpapers [from www.metacafe.com] #1.jpg

まさか明日空が落ちて気やしないだろう・・・

杞憂というのかな・・

最近の報道などを見聞きすると、どうも将来に対して不安を抱かせる(煽る)ような記事がおおいなぁ・・・

万が一の為に・・・確かに可能性はセロじゃないだろうが、やっぱり「万が一」だということにフォーカスしたほうが少なくとも積極的・肯定的に現状認識でき そうな気がする。

使い切れないほどお金をためて、なおかつ老後の心配をしている社会・・・

子供達の将来を考えてと言いながら、子供の主体性を育めない社会・・・

醜いまでの利権争い・・・

自然の環境を金で買うという愚行・・・

何かが違っているのかも?

将来に対して「不安」を見るのではなく「夢」を見続けたいものだ

Dream as if you'll live forever. Live as if you'll die today.

永遠に生きるがごとく夢を見ろ。 今日死んでしまうがごとく生きろ。

~James Dean~ .
ラベル:Aphorism challenge
posted by kuu at 23:53| Comment(0) | 4.格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。