2018年02月02日

問題はすべて人間関係?


問題と言ってもいいし、悩みと言ってもいいのですが、人間社会の問題は、大小問わず誰かが作り出し、誰かが解決しようとしてる、または解決しています。天下国家の話はその任に当たる人たちが問題発見と問題解決をしていくでしょうし、自社の話であればそれもまたしかり、個人でも、その本質は同じです。テーマが違うだけです。では、その悩み事やら問題はいったいなんでしょう?続きを読む
ラベル:communication
posted by kuu at 17:23| Comment(0) | 6.空のつぶやき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ストレスは生きるために必須?


専門家ではないですが、たぶんあってると思うので参考になるかも?

脳は未知(未体験)の刺激に反応するというか「強く反応する」と思われる。何も変わらない(変化が無い)と反応する必要がないからです。例えば街角に立ってる電柱を見て何も思わないはずです。見慣れた風景であり、既知の電柱だからです。しかし、一定の間隔で並び立ってる電柱の一本がある日真っ赤に塗られていたらどうでしょう?続きを読む
posted by kuu at 03:07| Comment(0) | 6.空のつぶやき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

普通とか常識とか…


普通だよね…。

あなたが、誰かに「少し変わった体験だと思ってる事を話した時」、その反応が「普通だよね」とリアクションされたらどんな印象を持つだろう?あなたが楽しめたこと、面白かったこと、驚いたこと…。何でも良いのですが、その話に対して、友人や知人の反応がそっけない感じだとしたら少しがっかりするのでは?つまり面白くないってことです。

続きを読む
posted by kuu at 13:40| Comment(0) | 3.人生・問いかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

習うより慣れろ


言わずと知れた格言?技術的な事は「身体が勝手にできるように慣れる」というのは何となくわかると思います。車の運転やスポーツ、文字や絵を描くというのもこのジャンルです。道具の使い方やコツの会得とでもいうのでしょうか…技量が向上するためには一定の時間、経験(練習)をすることでできるようになります。で、この分野は教えるのが意外に難しいからこそ、「習うより慣れろ」と言われるのでしょう。これは教える側が「(感覚的で)上手く表現できない」ことに起因しています。では、知識的なことはどうでしょう?習う事ができそうな気がしますね!しかし、人によってものすごく差ができます。この差はなぜ起きるのでしょうか?続きを読む
posted by kuu at 15:06| Comment(0) | 6.空のつぶやき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

3回目の成人式?www


2006年つまり12年前(48歳)の一月の記事w

http://blog.livedoor.jp/ttl/archives/2006-01.html

https://ameblo.jp/ttl2/archive-200601.html

ほとんど何も変わっていない気がする…。こんなんで良いのか?というより、もっと以前からあまり変化が無いような気にもなるwww。

昨日まさに一回り下の人と面談して感じたこともあり、12年後(一回りした時)に振り返るかもしれないので、備忘録的に残しておこうかと…。続きを読む
posted by kuu at 16:10| Comment(2) | 6.空のつぶやき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

音読はお勧めです!


音読は小学生の頃学校であった程度でしょうか?おとなになると音読する機会はほとんどありませんね。私は常々関係のある人には音読をお勧めしています。さすがに分厚い本を音読するのは無理があると思いますが、何かを学び取ろうとするなら、絶対に音読をする方が効果的です。



成功実学の中でも参加者に音読していただく場面がありますが、黙読では残らない(学べない)と想定しているからです。

続きを読む
posted by kuu at 17:34| Comment(0) | 6.空のつぶやき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

数学・宇宙・老子・読書・経験


意味不明なタイトルになりました(笑)

年末年始はなんといっても少し骨の在りそうな本を読むに限る。という事でこの2冊(3冊)を読むことにします。老子はそれなりに知られているとは思います、無為自然とかタオとかですね。でもう一冊の数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めては、老子と「強烈な繋がりがある」との思いで読んでみます。気が向いたら読後感でも書きます。

個人的には「心の内側に宇宙がある」みたいな感覚を持っているので、それが数学的に「綺麗な様相」を呈してくれれば楽しいかな?程度ですけどwww

続きを読む
ラベル:Book
posted by kuu at 16:05| Comment(0) | 5.本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

今日のことは今日片づける


先日85歳のHさんと忘年会的な時間をご一緒しました。超元気なHさんの今年の振り返りのお話です。開口一番「ついこないだ正月だったのにもう年末だよ!」この一言が刺さります。「小学生の頃は土曜日が待ち遠しく、次は日曜日で思いっきり遊べたのを思い出す…。」というような話に続き、最近は朝目覚めた時に「おおっ!今日も生きてた」と思うそうです。そして、続きを読む
posted by kuu at 14:38| Comment(0) | 3.人生・問いかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

過去の選択は常にベスト!!


物事が期待通りじゃない時、上手くいかない時(人は…)

過去の選択が間違いだったと思う。
↑↑↑↑↑↑
あのまま、(何もせずに)生活してれば上手く行ったと想定するから。どこにそんなに根拠あるのだろう?

続きを読む
posted by kuu at 10:28| Comment(0) | 3.人生・問いかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

昔は芋虫だった…「変容」


成長は何かができるようになったり、何かがわかるようになる感じでしょうか?技量が向上するとか、理解が深まるとか…。これは素晴らしいことだと思いますし、おとなになるという要点でもあります。で今回のタイトル「変容」は成長とは少し趣が異なるテーマです…

続きを読む
posted by kuu at 13:44| Comment(0) | 3.人生・問いかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする